2013年06月23日

ニート(ひきこもり)からの脱出方法

俺は、ひきこもり経験が中学卒業後、県立高校入学後、通信制高校中、専門学校卒業後合わせて1年半ほど

のひきこもり経験があります。私が、これまでの経験により皆さんに伝えたい事を書き留めようと思います。

*これらの事を実践したからといって必ず脱出できる訳ではないので、予めご了承ください。

【学生の方へ】
とりあえず、高校までは卒業しましょう。底辺高校、通信制高校どこでも良いし、

勉強なんか周りの大人にガーガー言われない程度で良いです。

将来に向けて何かなりたい職業があり、その職に今の勉強が必要な方は、してください。

でもひきこもりの方には、将来の夢などないと思われます。とりあえず、高校は卒業しましょう。

将来、職業に就ける幅が広がるからです。

もしも、無理なら中学卒業でも構わないです。学歴不問の仕事でも、世の中たくさんあります。

ただ、自分が中卒である事に恥じては、いけません。


【社会人の方へ】
毎週のように求人誌に出ている会社に電話しましょう。そうです。ブラック会社に勤めるのです。

(気持ち的に、いつもよりポジティブな時に電話しちゃいましょう。)

何日も経たない内に、自分の惨めさ、俺のしたい事は、こんなんじゃないと心の奥底から感じるはずです。

自分は、こうなりたいんだと強く感じ願うはずです。(そこで満足ならそのまま勤めてください。)

そしたら、ハローワークの求人検索で自分のやりたい仕事を探しましょう。

なぜかしら必ずやりたい仕事が見つかります。面接も熱い信念が面接官に伝わります。

以上。あとは、自分の本当にやりたい仕事に辿り着けるまでループですね。


[おすすめ曲]

真面目過ぎる君へ / アンダーグラフ
川の流れのように / 美空ひばり


[おすすめ本]



----------------------------------------------------------------------------------------------
毎日新聞:ニート人口162万3000人に(外部リンク)

posted by 寿限無Mマス吉 at 12:34| Comment(0) | 経験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

転職を考えた理由

私が、なぜ転職を考えたのか。

理由は大きく言えば2つだけ

「非常に退屈だったから。」

デスノートの夜神 月なみに、生きてるのが退屈だったからです。
毎日毎日、ただただひたすら働くだけで、生きがいも何も感じなかったからです。
特に2番目の会社は、パートである事も訳あってか、まるで刑務所みたいでした。
主にピッキングの作業だったのですが、上からの指示に従って次に何のピッキングをするのか
分からずに、終わったら次はこれ、次はあれという感じでまるで拷問でした。
求人情報に書いてあった給料、勤務先、就業時間が全部違いましたし、正社員登用ありと書いてありましたが、私には無理と判断しました。正社員になった所で嬉しくもありませんが…。
私にとってこの会社はブラックでした。
このままこの会社で、経験積んでも何も残らないし、まだ見ぬ息子が生まれた時にとても
養っていける給料じゃないなと判断し、転職を決意しました。
「メールで明日から行きません。」と言いその後バックれたった。


「女の子とイッチャイッチャチュッチュしたいから」

今回、地元から東京に引っ越す事になったのですが、なぜ東京に行こうとしたかといいますと、
学生時代の友達がほぼ東京にいる事もあるのですが、単純に彼女を作る確率を上げたかったからです。
紹介してもらうんよ。一人暮らしをするという事からも、人肌恋しくなるでしょ?
神様が、そんな人には何かしらの助けが必要であると判断し、導いてくれるはず…。
甘ったるい考えからです。


その他は「本当の意味で自立したかった。」「専門学校で学んだ知識を生かしたかった。」
「仕事で覚えた事を副業でも使えるかと思った。」です。


私的【ブラック企業の見分け方】

@求人情報に毎回掲載されている。
A「正社員登用あり」= 何百人に一人いるかどうか
B部長課長クラスが、仕事と関係ないネットサーフィンをしている。
C幹部クラスと正社員、正社員とパートの仲が悪い。
D作業服が自腹である。
E朝から従業員の顔が死んでいる。
F退職する人が多いが、新たに雇用される人も多い。
Gトイレが汚い。
H交通費が支給額よりマイナスになる。


結論「働いてみないとわかりません(`・ω・´)キリッ」

ラベル:転職 学んだ事
posted by 寿限無Mマス吉 at 09:56| Comment(0) | 経験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。